まつぼっくりの会

ウェルカムエブリバディコンサート

ウェルカム エブリバディ コンサート 延期のお知らせ

 

謹啓 

日頃皆様には当活動に温かいご支援、多大なお力添えを賜りまして厚く御礼申し上げます。

 本来でしたらこの時期はいつものように、咲き誇る花々に目を見張りながら

6月開催の〔ウェルカム エブリバディ コンサート 〕に向けて、準備を進めておりますところですが、ご周知の通り新型コロナウイルス肺炎感染拡大防止対策として、緊急事態宣言発令中の状況下、コンサート会場使用も見通しが立たない現状となっておりますので、開催の延期を決定いたしましたのでここに知らせ申し上げます。

 

 山内裕雄名誉会長からも「皆様の健康保持第一に」との助言を賜り、今年度の再開を見送る方針となりました。

 山内先生同様、私も大変残念でなりませんが一日も早い新型コロナウイルス肺炎感染の終息を願いながら、来年度には皆様の思いっきり明るい笑顔にお目にかかり、楽しいコンサートの再開が叶いますことを夢見ながら頑張ります。

 

 皆様におかれましても健康にご留意の上、再会できますようお祈り申し上げます。

 

                       敬具                

                       

  令和02年05月

 

             

特定非営利活動法人まつぼっくりの会

理事長 松林 保

 


 

「まつぼっくりの会」設立の背景

もう一度コンサート会場で音楽を聴いてみたい

~往診先での患者様のこの一言が私達の活動のすべてのきっかけでした~

寝たきりや身体の不自由な方が、今必要としていることは、病気の回復・治癒と同様に『充実した人生』(クオリティ・オブ・ライフ=QOL)なのです。
ただし、このような方々は、コンサート会場へ行くことはおろか一人で安心して外出することも困難なのです。

彼等が安心してコンサート会場にでかけ、音楽を楽しむにはどうすればいいのか、私達は考え、ある結論を出しました。

「自分達で患者様が主役のコンサートを開き、患者様を完全にサポートした上でご招待しよう」

現在、私達はこの背景に基づきWelcome Everybody Concertを定期的に開催しています。


「まつぼっくりの会」活動の特徴
1.医師・看護師の常駐による参加者様へのケア及びサポート
2.ギャッチアップ車等の使用による参加者様の搬送サポート
3.参加者様に経済的なご負担をかけないフリーコンサート
4.プロの演奏者によるコンサートのクオリティの確保

「まつぼっくりの会」活動の目的
1.寝たきり、身体の不自由な方が安心・満足して参加できるコンサートを開催し、生きがいの場を提供する。
2.参加する我々自身がボランティアを通じて人間的に成長する。
3.継続的にボランティアコンサートを運営することで、地域にボランティアを根付かせ、地域社会にも貢献する。