「自主練習としての筋トレの重要性」 2022.06

こんにちは、理学療法士の有本です。

「自主練習としての筋トレの重要性」

 

リハビリで一番大切なことは何か、と言われれば私は自主練習による筋力トレーニングと考えております。

 

リハビリでは、理学療法士が患者様に、日常生活において、どのような動作で不自由が生じているか、お尋ねします。実際に動作を見せて頂き、リ八ビリ後に動作の改善が認められるか、確認します。痛みや動き難さなどの不自由が軽減すると患者様は喜んでくださいますが、「時間が経つと痛みや動き難さの問題は再び出現した。」と、仰る方が中にはいらっしゃいます。

 

患者様は、お身体の不自由により正常な身体の動かし方ができず、代償動作を行っている事が多くあります。その為、一部の筋力や関節可動域は下がり易くなります。リハビリを受ける事で、関節可動域制限や痛みの問題が軽減しても、筋力は低いままなので、弱化した筋肉のトレーニングをしなければ、代償動作は継続され、リハビリで獲得した関節可動域は使用されず、元に戻りやすい状態にあります。弱化した筋肉を強化して、リハビリ効果の持続が図れれば、次にリハビリを行う際に、更なる機能改善が期待されます。自主練習をする事によって弱化した筋肉の強化は重要になります。

 

尚、目的とする筋肉が心地良く疲れる位ならば問題ありませんが、違和感や痛み、痺れなどの不快感があれば決して無理をしないで運動を中止して、ご相談下さい。また、主治医からの運動に関する注意があれば、運動許可内で安全に行える運動をご一緒に検討できたらと思います。