「東洋医学(古典医学)の考え方⑦」 2019.11

前回は、生命活動エネルギーである「気」「血」は経絡という通り道を通って全身を巡り、12の経絡は各臓腑に属し臓腑と密接な関係にあるとお話ししました。

東洋医学でいう臓腑は西洋医学でいう内臓と同じ名前ですがそれらの機能は全く同じではありません。「五臓六腑にしみわたる」といいますが、もともとは東洋医学でいう臓腑(臓器)のことです。五臓は、「肝・心・脾・肺・腎」の五つの臓器をいい、六腑は、「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」の六つの臓器をいいます。

西洋医学ではかつて、各臓器は単体で働いていると考えられていましたが近年の目まぐるしい医学の進歩とともに、各臓器はお互いをネットワークでつなぎ情報交換しながら支えあって働いているということがわかりつつあるようです。

2000年前の古代中国ではすでに、臓腑はお互いが繋がりあいバランスを保っていると考えられていました。

次回は東洋医学では五臓の働きがどのように考えられているのか話したいと思います。

 

                  鍼灸・マッサージ師 関根達也