夏は熱中症にご注意ください 2018.7

「夏は熱中症にご注意ください」

 

7月になり、気温が30℃を超え、湿度も高く、蒸し暑い日が続いております。晴天の日に外出すると、滝のように汗をかいてしまう人が多くいらっしゃるのではないでしょうか。猛暑に注意したい事の一つに熱中症が挙げられます。

 

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。熱中症について正しい知識を身につけ、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

 

熱中症の症状としては、めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、身体の怠さ等が挙げられます。重症になると、返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い等が生じます。

 

熱中症の予防や対応策としては、エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させる事や、衣服をゆるめ、首の回り、脇の下、足の付け根などを冷やす事、水分や塩分を摂る、経口補水液などを飲む事が挙げられます。

 

しかし、猛暑だからといって日差しを避けて運動をしないばかりでは、体調を崩してしまいがちです。そこで、身体に溜まった熱を出しつつ、運動不足を解消する方法の1つとしてプールでの運動を御提案させて頂きます。

 

プールの温度は気温や人の体温より低く設定されていることが多く、身体の熱を逃がす事が出来ます。また、水には浮力や水圧、粘性があり、関節痛や足の浮腫みがある人、普段の生活では良い姿勢で立つことが苦手な人にも、良好な姿勢で運動が行いやすい利点があります。

 

ただし、プール内での運動には注意点があります。プール内で歩いたり、泳いだりしている時も汗をかいているのですが、プールに入っている事で汗が流れてしまい、汗をかいている事を感じにくく、体内の水分が不足してしまうことがあります。喉の渇きを自覚する前にこまめに水分補給を心掛けて頂く事をお勧めします。猛暑に負けない体調管理をして、夏を乗り切りましょう。

                                             有本竜也