天皇賞診断

2021/10/31

3強と言われるが、僕は2強だと思う。現在のコントレイルはさほど脅威ではない。追い切りもいいと評価されているが僕が見た限りでh、重心がぶれて浮いたような走りになっている。これでは加速しにくい。コントレイルは3着も危ういという見解。では軸はエフフォーリアとしよう。関節が柔らかく筋肉も柔軟でストライドが広い。東京2000mはベスト、勝ち負けだろう。相手は完全に短距離馬の筋肉構成になったグランアレグリア。この距離で勝つのはややきついが3着ははずさないだろう。後は函館記念の走りが秀抜なトーセンスーリヤ、末が切れるサンレイポケット、春の天皇賞馬ワールドプレミア、堅実なカレンブーケドール、近走充実しているペルシアンナイト。

5の単複

5から1、3、4、6、7、8、9、14、14、15、16への馬単裏表流し

3連複軸二頭
5-9

軸の1、4、6、7、8、13、14、15、16流し

究極の3点勝負

3連複
5ー9軸

6、8、13流し