新潟記念診断

2021/09/05

以前から狙ってしたためておいたエフェクトオンを軸にする。成長曲線がとても緩やかでよく見ていないともう終わったかの印象を受ける。deepの子供ではあるが目だった切れ味もなく中途半端な印象だったが、ところが前走最後方から一瞬のうちにごぼう抜きで勝ったレースを見てこの馬の急峻な成長曲線を感じた。今成長のピークにあるはずだ、トモの肉が強くたくましくスパークするのに反応するほどに増強していつでもどこからでもさし切れるほどに成長している。人気はないがmmpj指数もトップでもありここは絶好の狙い目だ。

14の単複

14から2、5、6、8、10、12、13、17への馬単裏表流し