新型コロナウイルス特集VOL2

2020/06/10

皆様自粛努力のおかげでなんとか新型コロナウイルスの第2波を食い止めることができました。本当にありがとうございました。
  • 緊急事態宣言が発令されて、私たちは自ら自粛しもちろん政府や専門家会議の適切な政策もあってのことですが、しかし罰則もない強制力もない都市封鎖でもない個人個人の意思に基づく自粛によって結果がでたことは素晴らしいことです。子供や孫に誇っても語り伝えてもいいくらいの偉業だと思います。この力は自分たちで感じて自信に思っていいことですし私たちの絆は一つになれば何かを成しえることができる連帯感も生まれました。
  • ただこの後難問が山積しているのも事実です。第3波への不安や備え、業績の悪化した業種や全体の経済状態、授業の遅れや通学などの不安、失業者が増え続ける現状、行きたくても行きにくい旅行、新しい生活様式への戸惑い、数えればきりがありません。また矛盾した逆の意見やニュースが流れたりしてどちらを信じていいのかわからくなってしまいます。そんな時はまずは自分の近くにいる一番信頼できる人の意見を中心に行動しましょう。なぜかというと一般のニュースや報道は全体の意見や考え方であってあなたの身の回りのことを中心にして言われるものではありません。大事なのはむしろあなたの最も身近な人や物事のはずです。それをまず考えの中心におけばあまり迷うことはないはずです。
  • まず感染第3波ですが、私は過去の感染症の流行り方から考えると第2波よりも弱いものと推測しています。ある程度集団免疫ができているという考え方です。もし大きな第3波が来ても今回のような自粛の限定的な方式をとれば抑え込めるとみています。たとえば5-6割の接触制限のように。経済を元に戻すのは非常に大変でしょう。解除されても思ったほど客足が戻りにくいと想定されるためです。これはまた感染者数が増えて自粛になるのは避けたいという心理が働くからです。ただマスクをきちんとして手洗いを頻回にすればほとんど感染リスクは防げるというレポートはあります。できればゴーグルもしたほうがいいです。
  • 感染の経路としては人から人よりも人から物、物から人のほうが圧倒的に多いそうです。
いろいろな施設は今後積極的にウイルス、細菌などを99%カットできる空気清浄機を導入してお客様に安心を与えることも重要ではないかと思います。また頻繁な物に対する消毒は有効であり店内どこでもすぐに消毒できるようにしておくことも大切です。
こうした悩みを一気に解決するのがワクチンです。今世界中で開発が進んでいますが私は年内に一般接種可能になるのではと推測していますが、いや是非そうなってほしいですね。