安田記念診断

2018/06/03

もともとサングレーザーは1400mの馬だと思っていたが、このところ馬体重が10キロくらいアップして筋力が10%くらい上昇していることで完全に1600mも可能な馬になってしまったようである。前走がまさにそうで最後の200mの伸びは筋力増強の結果によるものである。この状態であると東京1600mは格好の決め手が生きる状況になるだろう。MMPJ指数トップであり外から強烈な差が決まる画像が頭に浮かんだ。

 15の単複

 15から1,2,4,5,9,10,11,14への馬単裏表流し

 3連単
15の1着固定上記8頭流し