私の在宅医療(往診)のルーツ7

 こうしてタクシーの運転手さんを通して、私は会ったことのない祖父保太郎と触れ合うことができた。それまで祖父のことは写真で見たり両親に話を聞いただけだったが、初めて祖父の生き様とその魂を感じた。そして祖父は私にこう語りかけているようだった。
「保智(私の名)や、医者をするとはこういうことなんだよ。いつまでも人の心に残るような真実の医療をしなさい」と。
 私は感動と祖父に会えたという思いで涙がこぼれ落ちそうになった。あえてタクシーの中で上を向いていた。「上を向いて歩こう」そのままに涙がこぼれないようにそうしたが無駄だった。溢れに溢れて頬を流れ落ちていった。