もしも交通事故に遭ってしまったときの「保険制度」

強制保険と任意保険がある。強制保険は車を購入したときに自動的に入るものである。しかし、賠償限度額が120万と決まっているため、ある程度大きい事故だとオーバーしてしまう。だからほとんどの方は任意保険に入っている。

 任意保険にはおびただしい数の選択条項があり、とてもわかりにくい。入るときはよく説明をきいて、できるだけ補償の手厚いものをお勧めする。できれば弁護士特約と搭乗者賠償特約は必ずつけてほしいもの。