骨折は初期治療が大事

(ひび)は写らないことも多いのです

折れているのか、いないのかわからない、と病院で診察結果を言われたことはありませんか?これは至極当然なことで、打撲してすぐにレントゲンを撮っても、ごく微細な骨折線(ひび)は写らないことも多いのです。

 この場合、7~10日後にレントゲンを撮るとはっきりすることがほとんどですが、骨折の可能性があれば、私たち専門医は念のため固定して患部の安静を図ります。

 もし固定をしないで放置すれば、場合によってはズレてきたり痛みが強くなってきたりすることもあり、常に初期の診断と治療が大切です。