ブロック注射とは

悪い流れをブロックするという意味

首が痛い、肩こり、腰が痛いなどの症状の時、痛い場所に痛み止めの注射を直接打つ治療法である。一時的な効果で気休めですか?と聞かれる方も多いが、実は根本的な治療法である。

 痛みやコリのある部位には、血流が悪く痛みを出す物質が溜まっている。そこの流れが悪いため、どんどん痛みが増してくる。

こうイメージしていただきたい。ちょうど、トイレや台所の流しが詰まって流れなくなった状態を。そんなときは、詰まったものを取り除き、水の流れを良くしてあげれば治りますね。それと同じ。

注射には痛みを除去し血流を良くする作用があり、これを繰り返すことによって、血流は良くなり痛みの成分が流れ出していく。悪い流れをブロックするという意味でブロック注射と名付けられた根治的療法なのである。