年末のちょっと心温まるお話です

 世の中には犬の好きな人と嫌いな人がいる。
 僕のマンションは動物を飼ってもいいので、たまにエレベーターに犬連れの家族がのってくる。犬の嫌いな人が居ると、なんとなく雰囲気が悪くなるし、犬連れの人は気を遣って小さくなっていく。
 先日、犬連れの家族がエレベーターに入ってきた。満員だったせいもあり、中に犬嫌いの人も居たようだ。イヤーなムードに。お母さんはしきりに子供と犬のことに恐縮加減で気の毒な状態。僕はそこで犬の毛を撫でながら、「きれいな毛並みで可愛いですね」と言うと、お母さんが「撫でてもらうのが大好きなんですよ」と微笑む。子供もうれしそうに犬を撫でて、こわばった顔のお父さんも笑顔に。エレベーターの中が和んだ。みんなに笑顔が。