当院の在宅訪問システムについて

 当院では開業以来約20年間、訪問診療等を行い、現在では約120名の患者様の在宅診療を受け持っています。この間に様々なノウハウを蓄積し、迅速で安心できる在宅診療・訪問看護・訪問リハビリを統合したシステムを構築しました。今回は当院の在宅訪問システムの特徴をお話しします。
  1. 月2回以上計画的に訪問診療を行っている患者様には、24時間365日緊急時の電話による相談、訪問看護、訪問診療が受けられます。
  2. 計14・5名の医師による訪問診療チームによって計画的な往診ならびに緊急時の往診が行えます。これらの医師の専門科目は、整形外科・内科・循環器内科・外科・リハビリテーションと多岐にわたり、広い分野での対応が可能です。
  3. 緊急時において軽度~中等度の症状については自宅での診療が可能です。入院が必要なケースは近隣の病院に直接問い合わせて速やかな対応をしています。要するに、「たらい回し」の防止に努めており、今まで紹介できなかったことは1例もありません。
  4. 清拭・状態確認・点滴など医療上の管理、入浴介助、基本的なリハビリや緊急時の訪問看護も随時行っています。
  5. 当院理学療法士による在宅リハビリは、病院での待ち時間なく自宅で機能回復訓練を行えます。
  6. 以上のいずれも当院の職員で行うため、緊急時の対応も速やかにダイレクトに伝達されるので、タイムラグが極めて少ないのが特徴です。
 当院の在宅システムについて、ご相談・お問い合わせ等がございましたら、ご来院いただくか電話でお気軽に担当者とお話し下さい。
担当看護師:新村・安彦(あびこ)渡辺美紀/以上女性 以下男性看護師 井浦(いうら)
事務長:関根 理学療法士:澤木