夏バテに効くレシピ -豚シャブ冷製お茶漬け-

 いやー、暑いですね。こんなに暑いとちょっと気を緩めると夏バテ、いや熱中症にもなりかねません。恐いのは熱中症。これは日射病と違って家の中にいても起きるんです。暑さと湿気が充満している家の中にいると、次第に体の中の電解質やビタミンが奪われていき、消耗していくわけですね。まず大事なのは水分補給、ビタミン類をしっかり摂ること。家の中は冷房を入れて湿度を下げることです。外に出るときは帽子や日傘、そして水分をしっかり補給しましょう。
 さて、こうも暑いと食欲も失せてきます。まず脂っこいものが食べたくなくなる。食べる量も減る。夏バテには水分だけ摂っておけばいいかというと、やはり炭水化物やたんぱく質、ビタミンをしっかり摂らなければいけません。水分だけではお腹がゆるくなったりしがちです。普段なら「あともう少し食べたい、そうだ!お茶漬けにしよう」と思うところ、この暑さで熱いお茶漬けならやめておこうと思ってしまいます。そこで今回は冷たいお茶漬けを考案。
 まず豚肉を3・4枚火を通して冷蔵庫で冷やしておきます。出汁はいわゆる「めんつゆ」1に対して冷たい緑茶を3~4、醤油少々でOK。ご飯の上に豚シャブと茹でた春菊、さらしねぎ、柚子こしょうをのせて出汁を注いで出来上がり。さらっとお腹に入って栄養もビタミンもたっぷり。もちろんトッピングは豚シャブでなくても何でもいいのです。ただ脂っこいものもこれならさっぱりとお腹に入りますね。
映画短評
【容疑者Xの献身】 88点
 「真夏の方程式」を観る前に「ガリレオ」シリーズ映画化第一弾をもう一度観直してみました。少し「なぜ?」と思うストーリー展開はありますが、概ね秀抜な出来。堤真一の演技は最高ですね。福山雅治は決して演技がうまいとはいえませんが、「ガリレオ」に関してははまり役。結構感動する映画ですね。気に入りました。