鳥インフルエンザ

 4月初め、中国で史上初めてH7N9型鳥インフルエンザが人に感染し発症したとのニュースがあった。もともとこの型は、鳥のみの感染で人には感染しない弱毒性のウィルスだった。しかし、ウィルスは時として突然変異を繰り返し全く別のタイプのウィルスになることがある。今回の人への感染も、まず感染源を明らかにしていかなければならない。そして、鳥から人だけへの感染なのか、人から人への感染もあるのかを早急に確定しなければならない。しかし、現時点でこれらの結論はまだ得られていない。新種のウィルスの場合、検査キットもほとんどないし、結論を出すには時間がかかる。
 私の見解では今の時点ではまだ人から人への感染はないのではないかと思っている。でも、ウィルスは突然変異を繰り返し増殖していくから、いつ型を変えて人から人へ感染するかもしれない。
 では我々は、人類が未知の誰も抗体を持っていないウィルスからどのように身を守っていけばいいだろうか。いろいろな案はあるにせよ最も有効な対抗手段は、できる限り迅速に大量にこのウィルスに対するワクチンを作り供給することなのである。
 パンデミック(感染症の大流行)に対して、私たち人類はワクチンを作りその脅威から種を守ってきた歴史がある。特に今回の鳥インフルエンザは重症化率が高いため、できるだけ早い対応が必要になるだろう。
(次回はいろいろなタイプのワクチンについてお話します)
映画短評
【プレミアム ラッシュ】 82点
 いかにもアメリカらしい職業(メッセンジャー)を初めて知ったが、とにかくこの自転車の走りが凄い。カークラッシュよりも迫力があって爽快だ。GWに観るにはぴったりの娯楽作。