美味しい=満足÷値段

 美味しいと感じるのはどういう時か、理論的に分析してみました。表題の方程式が結論です。数値が高いほど美味しい。例えば高級料理店で高い料理を頼む、これがいまいちな味であるだけでなく、店員は無愛想、もう2度とくるものかと思ったことは、みなさんきっとあるでしょう。
 上記の方程式に入れて計算すると低い数値が出てきます。ところがB級グルメの店で頼んだものが意外においしかった、値段は安い。もう一回腹減った時きてもいいかなと思うこともままあるはすです。これは方程式の数値は高くなります。
 そういう見方で美味しかった店や料理を時々ご紹介します。つい先日品川プリンスホテルに行ったら、ちょうど昼飯時。メイン棟の4階にある中華に入ってみました。日曜祝日に限ってですが、小皿料理食べ放題というメニューがありました。なんとメニューを見ると40品もあり、しかもバイキングではない。クラゲ、棒棒鶏、焼売、春巻、ふかひれスープ2杯、唐揚げ、チャーシュメン、ネギラーメン、ゴマ団子、これだけたいらげて2400円。しかもうまい。おすすめです。帰りに水族館に寄ってもよし。