医学的競馬予想:秋華賞、府中牝馬S

狙うのは札幌帰りの馬
秋華賞
 まず秋華賞の維持筋力、瞬発筋力を比較するとなんといってもアヴェンチュラが一番だろう。札幌の重い洋芝を古馬相手に差し切る能力は相当なものだ。
 その次がホエールキャプチャで前走で前前で競馬して最後上がり33秒台で勝ったことは今回のレースにも極めて明るい材料となった。前で競馬しても瞬発力は衰えない柔軟な筋肉であることを証明した。
 キョウワジャンヌはどうか?あまり得意でない直線坂のある阪神コースで先行して33秒台で上がれれば視界良好。
 マルセリーナに関しては、先行すれば瞬発力を支える維持筋力に欠けることが露呈してしまった。ただの太め残りではない。やや筋肉がそげ落ちたようにも見えた。
 マイネイザベルの2着は、フロックの可能性が高い。もともと成績が示すように1着になるほどの維持筋力もそれをもとにした瞬発筋力も備えていない。
 エリンコートはどうだろう。オークスは皆がばてたところを強襲した形だが、維持筋力にあふれてはいるがそれをベースにした瞬発力に欠ける。少なくとも京都2000M内回りのピッチ走法が必要なレースでは3着も困難だろう。
 ならば札幌帰りのレッドエレンシアのほうがおもしろい。この馬瞬発力は相当なもので維持筋力もかなりであることがUHB杯で証明された。
 カルマートは瞬発筋力に優れているが安定した維持筋力がやや見劣りする。
 最後にアルカンサスを取り上げておく。この馬もしかして坂のない直線コースは瞬発力がさらにアップするのではないかと思われる。
 とにかくポイントはスプリンターステークスでも証明されたように札幌での競馬をした馬の力量を高く評価することだ。上記をまとめてみる。

  1. 優勝の可能性は、アヴェンチュラ、ホエールキャプチャの順である。
  2. 2着候補は上記2頭にレッドエレンシア、キョウワジャンヌ、マルセリーナを加える。
  3. 3着候補は上記5頭にカルマート、アカンサスを追加する。
  4. ではどう賭けるか、アヴェンチュラの単勝、アヴェンチュラから2着候補への馬単、アヴェンチュラからホエールキャプチャ、レッドエレンシアへの馬単裏表、ホエールとレッドエレンシアの縦目、3連単アヴェンチュラーホエール軸の5頭マルチ。
  5. 1着アヴェンチュラ、2着レッドエレンシア、3着ホエールキャプチャときたらビンゴだ。
府中牝馬S
 フミノイマージンの筋肉は既に牡馬のものと思ったほうがいい。ある意味牡馬のG1級の破壊力がある。今ならどこからでも差し切れるだろう。
 イタリアンレッドの瞬発力と維持筋力は飛躍的にアップしたようだ。長い東京の直線も持ちそうである。
 アニメイトバイオは札幌帰り組で走りも随分よくなってきた、もともと力のある馬だ、札幌はいい練習場になっただろう。
 レディアルバローザも同じことがいえるが、やや維持筋力に欠ける。
 アパパネは休み明けの筋肉が硬く最近は瞬発力に疑問符が付く。それは十分な維持筋力が維持できていない証拠であろう。優勝は無理と判断した。
 後は瞬発力に富むエオリアンハープとそこそこの競馬をするコロンバスサークルを加えた。

単勝 フミノイマージン 馬単イタリアンとアニメイトバイオ、レディアルバローザ、アパパネ、エオリアン、コロンバスへ。三連単フミノ、イタリアンの2頭軸からのマルチの流し。アニメイトとイタリアンの縦目の押え。
デイリー杯2歳S
 京都コースならダローネガよりゲンテンの筋肉の方が向いていると判断、ダローとマコトリヴァーサルはやや瞬発力に疑問がする。よってゲンテンからダロー、マコト、アルベルトバローズ、シンゼンレンジャー、カイシュウタビビトへの流しを敢行。
 ここでも札幌組を重視した。札幌の芝がよかったため恰好の筋肉鍛練場になった。