東北関東大震災

 今回の大地震で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。そして一刻も早い復興を願い我々も全力でがんばっていきます。
 それは金曜日の2時40分過ぎにおこりました。診療所の4階で食事をしてソファーに座っていると急に強い横揺れがきました。おっとかなり大きい地震だなと思いながら、止まるのを待ちましたが止まるどころかどんどん揺れが強くなっていきます。
 ああ私の前にあったロッカーが倒れそうになったので必死でそれを押えましたが、2波、3波と押し寄せる横揺れ。周りは叫び声が聞こえ、やっと止まったと思ったら、また余震と思われる波動が足元をすくいます。
 これはただ事ではないと、2階の診療所にいくと皆の無事は確認したとたん「先生水が出ません」との言葉が、断水かと思いましたがすぐに復旧。
 家族の安否を確認しましたが、携帯では全然つながりません。固定電話でかけてみるとなんとつながりました。なぜ固定電話ならつながるのかその仕組みはよくわかりません。
 家族全員の安全を確認し、周りの状況を見回りましたが特に火事や崩落などは見られなかったため、午後の診療に入りました。
 ところがここでもまた強い揺れを何度も感じ患者さんもよろめいて僕にしがみついたりしてなかなか収まりません。
 ひどい地震だ。でもこの時点で私がわかっていたことは実は全体の100分の1にも過ぎなかったのです。その後各地で悲惨な状況が伝えられ心を傷めながらテレビを見ました。
 しかし実はこの文章を書いている今でさえ(3月15日午前2時半)全体の100分の1もわかってないのかもしれません。でも必ずや日本は立ち直ります。いつか明るい日本が復活する日を信じて頑張っていきましょう。みんなで。