有馬記念 -勝つのはヴィクトワールピサー

 今年ももう有馬記念の時期に差し掛かった。1年は早いものだ。みなさん今年はいい年だったでしょうか、いや来年もいい年であることを期待しましょう。
 私のDMP指数ではトップはブエナビスタ、2位がピサとゆう順番になるが、今回はピサを軸に指名しよう。ブエナは疲れていると思う。サンデーサイレンス系の馬の特徴に疲れてくるとよれるというものがあり、これが出ると次のレース、大概勝てない。去年のブエナもそうだった。秋華賞で斜行して次のレースまた3着、2着と勝ちきれなかった。カワカミプリンセスもその代表例。このパターンさえ知っていれば、なんなく単勝を他の馬で絞っていける。
 今回もブエナはジャパンカップで斜行したので、疲れは相当だと思う。この豪華メンバーでは3着も怪しい。そこで指数2位のピサを抜擢、この馬中山では恐らくローズキングダム、エイシンフラッシュよりも上の走りをするだろう。凱旋門賞の経験も生きてくる。
 相手はローズ、エイシン、ダノンの3歳勢を重視、そのあとにブエナ、オウケン、ドリームと続き抑えに、ルーラー、ト―センと予想した。極めて簡潔な予想であったが、当たることを祈って、来年も皆さんよろしくお願い申し上げます。