今年こそ身の回りを活性化しよう

 皆様あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 今年はよりよい年にしたい。と、思ってらっしゃる方がほとんどでしょう。僕もその一人ですが、この不景気と閉塞感漂う中どうしましょう。
 まず、今よりもっと働いてみよう。僕は人に仕える身だと思っているから、人が喜ぶことならなんでもチャレンジしてみよう。
 仕事が増やせないなら家事をやろう。まずてっとり早く靴磨きから初めてみよう。
 仕事でも、時代の流れと逆をいくようにしている。リストラをせず、有能な人を採用しよう。給料も可能な限りあげていこう。モチベーションをあげるためだ。
 何かおもしろそうな新しい免許をひとつふたつ取得しよう。もうすでに意中の免許は、考えている。取ればみなさんに公開し、おもしろい話がいくつかお話できると思う。
 旅行は、混雑している車ではなく電車を使おう。ちょっとおもしろいことが発見できるかも。
 たまには家の近くの路地や裏道を歩いてみよう。今までわからなかったおいしい店がみつかることもある。
 こんな感じで活性化した毎日を過ごしていくことにした。それを一年継続することだ。
 ところでなんとなく最近行徳地区は元気がないように感じる。僕なりに活性化案は持っている。
 まず交通機関が東西線一本というのが問題だ。バスもあるがなんとなくアクセスがピンと来ない。駅前の通りをそのまま伸ばして江戸川に橋をかければいいと思う。そうすると東京都まで橋ひとつで行ける。江戸川区の人ももっと行徳駅を使うようになる。
 次に行徳を月島や宇都宮や喜多方のように食べ物の街に特化する案。そうだなあ、行徳だと月島の千葉版としてもんじゃの街でもいいし、ちゃんこの街でもいい。
 要するに東京に行かなくても楽しめる食べ物街を作ることだ。地元の店が、店じまいしないで新しい個人の店がどんどん出来てくればきっともっと活気のある明るい街になるような気がする。