寒くなってきたぞ いや今日は蒸し暑い

 こんな毎日が続いていますが、この気候の変動はとても体調を崩しやすいのです。寒いのか蒸し暑いのかどちらに身体をもっていけばいいかわからない。こんな時はどうすればいいか?まずちょっと頑張るのをやめてみましょう。暖かい青い海に漂いながら流されるかのように過ごしてみましょう。無理をしないのが一番。2-3週もすれば気候は安定します。まずは頑張らない。
往診
 往診と聞くと料金が高いのではないかとか心配される方も多いと思います。簡単に料金体系をお話すると、月に2回往診して24時間の電話対応の体制をとると、何の検査や注射、薬代もかからない場合、月に1割負担の方で約5900円かかります。これに採血料や注射料、薬代などが別途かかってきますが、月の限度額が12000円の方はこれ以上何回往診や検査や注射が必要になっても12000円です。
 ここで非常に多い事実として実は往診して初めてわかることも多いのですが、ほぼ寝たきり状態で身体障害者の1級か2級が取得できる方がとても多いことに驚かされます。市町村や収入によっても若干違いますが2級以上に認定されると大概医療費や薬代のほとんどが後で償還されます。また税金や公共機関、運賃の割引などもありとても親切な制度です。
 でもこの制度を知らない人があまりにも多いこと、またこの診断書を書くことができる資格を持っているお医者さんがあまりにも少ないことが問題です。私はこの診断書を書く資格を有していますが、ためらわずいつでもご相談ください。専用の相談窓口を設置しました。当院に電話して往診について聞きたいと言っていただければ、専属のスタッフが応対させていただきます。
交通事故
  事故に遭った方は、まず身体を治すこと、心身を事故前の状態にしたいという気持ちが一番強いと思います。だから僕も治療に専念したい。いい治療をしたい、先進の治療をしたい。
 でもそこになぜかすぐに弁護士が入ってくることがある。WHY?治療が加害者にとっても第一ではないのですか?弁護士さんもプロなんだから治療優先に考えてくれないと、お金だけの問題の解決のための仕事と思われても仕方ないですよ。
ゴールデンタイム
  最近ゴールデンタイムのテレビ番組がつまらん。たまたま日本シリーズを中継していたので見たらこれが意外に新鮮でした。真剣に走り、投げバットを振る姿。うーん昔、枝豆を食べながらビールを飲んで見ていた野球中継を思い出した。どうでしょう来期からまたゴールデンタイムの野球中継を復活させてみたら。
マイル、ジャパンカップ
  アルゼンチン共和国杯は、渾身の一撃、見事的中。何人かおかげさまで馬券とりました。と感謝の言葉もいただいた。さてマイルチャンピオンシップ、これはカンパニーで大丈夫ですよ、ジャパンカップは、レッドディザイアからいくつもりです。勝算があってエリザベスを回避したはず。53キロなら勝てるはず。