シルクロードステークス診断

投稿日時:2018/01/27(土) 10:54

今年に入って重賞の中で最も難解なレースだと思います。なぜかというとMMPJ指数上位馬がことごとく休み明けであるということです。この場合調教もパッとしない休み明け馬は20%程度減点が必要です。そのように修正した結果、MMPJ指数トップはアットザシーサイドとなりました。ムラがありあてにしずらいのですが、今回は緩めの調教で最期脚を伸ばすイメージでしょう。中からやや外を通り突き抜けるシーンがひらめきました。何といっても桜花賞3着馬。

5の単複

5から1,2,6,7,8,9,13,14,15,16,17への馬単裏表流し

3連複

1-5軸の上記流し