エリザベス女王杯診断

投稿日時:2018/11/11(日) 10:16

今回勝てなければ当分リスグラシューはG1を勝てないだろう。

G1級の力を持ちながら勝ちきれないリスグラシューだが、待望のG1奪取の機会が訪れた。MMPJ指数トップで京都の芝は外が全く伸びない状況。モズカッチャンより前で競馬できてしかも切れるとなるとリスグラシューしかいない。相手はこれも比較的前で競馬をすると思われるカンタービレ。フラワーカップでノームコアを完封している実力を侮れない。

12の単複

12から2,5,7,8,9,13,17への馬単裏表流し

3連複 8-12軸の上記5頭流し